身近な自然の音

ぴすこってぃ_森de会議-ii-

街からそう遠くに出かけられなくても、もし近くに散歩できる公園、神社、小さな森があれば、自然の音に触れることができます。ぜひ身近な自然の音も楽しんでみましょう。

雨音でざわついた心を癒す

雨の日は、なかなか外に出かける気分にはなれないかもしれません。しかし雨音にはざわついた心を鎮める効果があります。雨音にもピンクノイズが含まれています。雨の音は家の中にいても聴くことができます。ある意味、一番身近な自然の音かもしれません。

もしも雨で気分が暗めな時は、雨に合ったステキな音楽を聴くこともオススメ。センスの良いFMラジオなどからは、雨の日のステキな音楽流してくれるところもありますが、私のオススメは、次のような曲です。

・「雨にぬれても」(Raindrops Keep Fallin’ On My Head)B.J. Thomas
Greatest Hits

・「Walk between raindrops」Donald Fagen
ナイトフライ

・「We’re all alone」Boz Scaggs
Silk Degrees (Exp)

いずれも雨の日にもオシャレでいい気分にしてくれます。

またもしお気に入りの傘と雨に濡れても平気な靴があれば、少し外に出かけるのも良いかもしれません。家の中にいるとき、また外に出かけたとき、しばし雨音に耳を澄ませてください。きっと、ざわついた心も静まり、落ち着いた気持ちになれると思います。

風と樹木の音を聴く

樹木の音というと、不思議な感じに受けとめられると思いますが、まず最初は木々の葉を駆け抜ける風の音を聴いてみましょう。木々の葉を揺らす風の音に浸っていると、固くなっていた心もほぐれてくるかもしれません。人と会うのが億劫な時、近くに小さな森があれば、風でザァーと揺れる木々の葉音を聞きながら、くつろいでみましょう。

特に近くに散歩できる神社や小さな森があれば、早朝に散歩してみると、綺麗な朝の空気、朝日の木漏れ日、木々の間を駆け抜ける風の音、小鳥たちのさえずりに心も身体も癒されることでしょう。

 

また竹林があれば、竹の葉の音を聴くのもなかなか良いものです。京都では、嵐山や嵯峨野、洛西に竹林があります。

さらに時期によっては、竹に直接耳を当ててみると、竹が地面から水を吸い上げるゴボゴボゴボッという豪快な音を聴けることもあります。遊び感覚で試してみましょう。自然の生命力を感じて、楽しくなってきますよ。

 

 

タイトルとURLをコピーしました